MENU

新しい癌リスクスクリーニング法を体験してみました

アミノインデックスとは、血液中の各種アミノ酸濃度から、健康状態や疾患の可能性を明らかにする技術を活用した解析方法です。
がんに羅漢しているリスクを評価する検査は、AISC(AminoIndex Canser Screening)と呼ばれ、確率を数値化して算出する方式となっています。

 

元々、健康診断のバリウム検査が苦手だったので、申込時に、それに代わる方法として腫瘍マーカーを頼もうとした所、受付でアミノインデックスを薦められました。
詳しく聞いた所、新しい癌検査の技術で、腫瘍マーカーよりも精度が高いとのこと。
しかも、血液採取だけで良いという話だったので、大のバリウム嫌いの自分としては、もってこいだと思い、申し込んでみました。

 

検査当日は、本当に血液を採るだけで、特別な負担はなし。
ちなみに、アミノインデックス検査の費用は項目数よって変わりますが、自分の場合は、「男性4種類」ということで、20,000円でした。
以下を参考にして下さい。

 

種別と対象のがん部位
男性4種類 胃、肺、大腸、前立腺
女性5種類 胃、肺、大腸、乳、子宮/卵巣
女性2種類 乳、子宮/卵巣

 

検査結果区分
検査結果区分 結果範囲 有病率 ランク別有病数
ランクA 0.0〜4.9 0.03〜0.07% 8000人に2.0〜5.3人
ランクB 5.0〜7.9 0.13〜0.21% 1500人に1.9〜3.2人
ランクC 8.0〜10.0 0.40〜1.16% 500人に2.0〜5.8人

 

検査可能な癌の種別は限られますが、アミノインデックスは結構精度も高いようなので、おススメかも。
ただし、正確な数値を算出するため、前日からスポーツドリンクなどのアミノ酸飲料は控える必要があるとのことで、注意を促されました。

 

結果はランクAという事で、ほぼ癌リスクは無かったので一安心。
検査報告書を詳しく見ると、「アミノインデックスは、がんの羅漢リスクを調べるもので、がんの有無を直接調べるものは無い」と記述があります。
まあ、これは内視鏡でもやらない限り、どの方法も一緒かなと思います。

 

がん検診で一番良いのはPET検査ですが、費用が10万円くらいするので、それはちょっとという人には、アミノインデックスはオススメですね。
ちなみに、、健康診断や人間ドックでの各種検診を安くあげたいなら、「マーソの人間ドック予約サービス」を使うと良いです。
施設を直接予約するより安いし、Tポイントも貰えるので。

 

健康診断よりも精密な検査が可能な人間ドックですが、気になるのは費用ですよね?!
どうせなら、少しでも安い料金で受けたいのは当たり前です。
そんな時には、マーソ株式会社の人間ドック・健康診断予約サービスがおすすめです!
無料で利用できて、直接施設を予約するより安く検診が受けられます!

 

人間ドック