MENU

多少費用が掛かっても定期健診を受けることをお勧めします。

毎年会社で行われる健康診断は、至極一般的な身長・体重・腹囲・視力・聴力と血液・尿・胸部X線くらいの項目で、40歳以上の人だけ心電図検査が追加されるもの。
検便すらないので、これでは大した病気は発見出来る筈もないと不安に思い、せめて癌検査位は受けておきたいと、個人的に人間ドックを受けるようになりました。
検診を受ける病院への申込みなどは、会社が加盟している健康保険組合を通じて行ってもらい、費用も1万円掛からないもので済みました。
希望した日時で申込みが受付けされると、人間ドック当日の1週間位前に、検便容器などと一緒に問診票などが郵送されてきて、当日の朝持参するという形です。

 

 

5年前の胃がん検診で、癌を疑う点が発見され、後日再検査で胃カメラを飲み、陽性であることが判りました。
胃の組織のへ深くやられているというよりも、薄く粘膜状に広がっているというもの。
早速、胃がんの切除手術を受けることになり、都内の大学病院を紹介いただいたのです。

 

切除手術のあと、切除した部分を家族は見せてもらったとのことですが、本当に色が若干変化して少しだけ盛り上がっている位のものだったそうです。
そんな状況のでも、胃がん検診で発見できるのだと感心したものです。
切除手術後、食事の摂り方など慣れない面も多く、食べ物の逆流など苦しい時期もありましたが、今ではすっかり普通の生活・仕事が出来ています。

 

会社の健康診断では、決して発見されることの無かった胃がん。
対象の料金は掛かりますが、これからも他病気の早期発見を願って、人間ドックは定期的に受けていきたいと思っています。

 

健康診断よりも精密な検査が可能な人間ドックですが、気になるのは費用ですよね?!
どうせなら、少しでも安い料金で受けたいのは当たり前です。
そんな時には、マーソ株式会社の人間ドック・健康診断予約サービスがおすすめです!
無料で利用できて、直接施設を予約するより安く検診が受けられます!

 

人間ドック