MENU

健康診断だけで発見できる病気は少ない!

 

 

誰だって健康でいたい、でも病気は気付かない内になってしまうものです。
だからこそ、早期発見、早期治療が重要
早期に病気を発見するには、何と言っても人間ドックがお勧めです!
通常の安い健康診断と違い、様々な精密検査が可能だからです。

 

特に、日本人の1/2がかかり、1/3が死亡している「がん」については、健康診断では早期発見できないので、費用は掛かっても人間ドックを受けましょう。
発見が遅れ、転移、手術、抗がん剤などの投与を繰り返せすことになると、自己負担額が数百万円もの料金になる場合もあります。
とにかく早期発見です!

 

当サイトでは、人間ドックを安い費用・料金で受けるための方法を紹介しています。
ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

 

人間ドックとは?

人間ドックという言葉くらいは誰もが耳にしたことがあると思います。
一般的なイメージとしては健康診断よりもさらに詳しい検査といった感じではないでしょうか。

 

ちなみに人間ドックを簡単に説明するなら、現在健康な人に対して行われる健康度の判定で潜在的な病気を早期発見する為に血液、尿、消化管のX線撮影、直腸鏡検査、泌尿器科、婦人科などの総合的な検査を行います。
検査が可能な項目については、各病院・クリニック・検診施設によって異なります。

 

人間ドックをなぜ受けるかと言えば、病気を早く見つける為です。
当たり前ですが、病気というのは早期に発見した方が治りやすいということが出来ます。
例えば日本人の一番多い死因であるガンでさえ、人間ドックで早期に発見できれば、全てを切り落とすことで転移を防ぎ治すことが可能です。
ですが発見が遅れて転移してしまえば、治療することは現代の医療では不可能となります。
そのため身体の異変を自覚する前、またはどこか体調がおかしいといった段階で検査をするということは、非常に有効な手段なのです。

 

人間ドックの費用は医療機関や行う検査内容によってかなり料金に違いがありますが、相場としては3万円から5万円といった所で、安い金額ではありません。
その理由は保険が適用されないからです。

 

人間ドックで人気の検査は、、ガンの検査であるPET検査です。
最近では、アミノインデックスというガン検査の方法も出てきています。

 

死亡率が高い病気の検査程受けておくことをオススメしますし、せっかく人間ドックを受けるのなら出来るだけ最新の機器を使っている医療機関、より多くの検査を受けられる移設の方が安心だと言えます。
多少の費用は掛かりますが、健康のための必要経費と考えましょう。

 

 

 

人間ドックと健康診断の違いについて

現状の健康状態を明らかにすることができ、症状がない病気を早期治療できるといったメリットが、人間ドックにはあります。
その他に健康診断と呼ばれるものもありますが、少し違いがありますので説明しておきます。
人間ドックと健康診断は、健康状態を知るといった目的である点では同じです。

 

ですが、健康診断の場合は、法律で定められている点が異なります。
健康診断は、労働安全衛生法によって1年毎に1回以上定期的に行うことが義務付けられています。
職場や地域で定期的に行われているのが、この健康診断です。

 

しかし、人間ドックは法的な定義はありません。
そのため、任意で受ける検査になっています。
この点でまず、人間ドックと健康診断の違いがあります。

 

この他、検査内容や費用についても違いがあります。
一般的に人間ドックの方が健康診断よりも検査項目が多いことがほとんどです。
専門的で精密な検査を受けることができるため、病気が発症しやすくなる中高年以上の方が受けることが多くなっています。
ただそういった精密検査は、健康保険適用外となることが多いため、費用は割高、安い金額ではありません。

 

健康診断の場合、健康保険組合が負担したり、保険適用内での検査項目がほとんどなので、0〜1万円程度の料金で、負担が少なくて済みます。
しかし一般的な人間ドック費用は、2万円〜5万円程度となっています。
さらに脳ドック、がんドックなどを追加すれば、10万円を超える場合もあります。
安い費用に抑えるためには、自分自身や親族の病歴なども考慮し、予算に合わせた検査コースを選択する事が重要です。

 

 

 

人間ドックが必要なその理由

人間ドックは高い費用がかかり、お金持ちが受けるものというイメージが強かった時代がありました。
でも現代は違います。
人間ドック費用は検査の内容によって様々ですが身長・体重・体脂肪率・血圧・血液検査・各種内視鏡などの基本的な検査であれば、安いとは言えないものの5〜6万円の料金でカバー出来る時代になっています。
良い時代になりました。

 

それでも「特にどこも悪くないのに何故、時間と費用をかけて検査を受けなくてはならないのか?」と言って興味を示さない人がいます。
例えば癌などの重篤な病でも、人間ドックで早期発見・早期治療を行えば、5年生存率・10年生存率が高くなるケースが殆どです。
他にも自覚症状が出てからでは、病状が進行していて手術をしても完治が難しくなってしまう病は、沢山あります。

 

人間ドックは、自覚症状のない初期の段階でそういった病気を見つけるために行う検査です。
また特に現在大きな病にかかっていない場合でもコレステロール値や血糖値、血圧や体脂肪率などの数値から、健康体であり続けるための病気予防対策を練ることもできるのです。

 

忙しい人ほど体を酷使しているのに、休息を取って健康管理に気を配ることや、人間ドックなどの検査を後回しにしてしまいがちです。
そういう人こそ、ぜひ受診して日頃の健康づくりの目安にしてもらいたいものです。

 

 

 

人間ドックで病気の早期発見、治療を

健康診断でも、健康状態のチェックはできますが、検査を受けることでより精密で正確な診断結果を得ることが可能になります。
自己負担で人間ドック費用を支払う必要があるので、料金は高額です。
しかし、40代や50代になってくると受けておくほうが良いと言われています。

 

30代だと、健康診断で、経過観察が必要であるという診断を受けても、自覚症状がなければ放置しがちになりますが、日ごろの生活習慣で疲れを感じているとか、不調を感じることがあるのであれば、人間ドックを受けておくほうが良いでしょう。
人間ドッグの中にもいくつかの種類があり、半日かかるものと1日かかるものとがあります。

 

半日のものは、気になる箇所に関する検査を受けることができます。
人間ドックでも、1日のものは検査項目も増えます。
中には宿泊して行うコース・プランもあります。

 

人間ドックでは、ガンが発見されたり腫瘍が見つかったり、病気の前兆が分かります。
治療が必要であれば、早期に治療を開始することができますので、悪化を防げますし生活習慣を見直すきっかけにもなります。
人間ドック費用はコースにより異なってきます。
一般的な内容のものであれば、多くの病院で行われていて比較的受けやすいので、予約してみてください。

 

 

 

人間ドック体験談

毎年誕生日の前後に近所の検診センターで受診しています。
胃カメラはオプション扱いなので、希望する予約日が限定されてしまうことが多いので早めに申し込むようにしています。
同じ場所で人間ドックを受診すると、過去の受診を含めた結果が得られるので、年齢による変化を読み取ることができます。

 

ガンの系統なので注意していますが、あらかじめ自分の希望する受診を申し込んでおくと、別料金は発生しますが安心できます。
その場合で約4万円ほどかかりますが、会社の補助で2万円まで使用できるので、半分の費用で受診できます。

 

ピロリ菌の有無が気になっていたので、料金は掛かりますが、オプションで追加しました。
結果としてなかったので良かったです。

 

毎年前立腺腫瘍マーカーも追加でうけるようにしています。
きっかけは人間ドックの最後の問診のときに、前立腺肥大が指摘されたからです。
すぐに近所の泌尿器科を訪れて診察を受けましたが、特に症状がないことが判明したのでよかったのですが、前立腺腫瘍マーカーはしておいた方が良いと言われたからです。

 

人間ドックを受診すると、要精密検査を指摘されることがありますが、無視しないで早めに行った方が良いです。
翌年に同じことが指摘されると注意をうけます。
私の場合、人間ドックは日帰りコースです。
午前中に終わってしますので、午後は家でのんびりできるところが気に入ってます。

 

 

 

人間ドックを安い費用(料金)で受ける方法とは?

健康診断より精密な検査が可能で、病気の早期発見に役立つとは言え、気になるのは「いくら料金が掛かるか」ですよね。
もちろん、費用は少しでも安い方が良いのは当たり前です。

 

そこで当サイトでお勧めしているのが、マーソ株式会社の「人間ドック、健康診断予約サービス」です。
なぜお勧めするかというと、以下のように非常にメリットが大きいからです。
というか、デメリットが存在しません。

 

人間ドック、健康診断予約サービスのメリット
利用にあたって、費用・料金などが掛からない
病院・クリニックで直接予約するよりも安い
他サイトよりも高かったら差額費用返金の保証付き!
日本最大級!全国約9000の病院・施設と提携
検査費用・利用料金6%分のTポイントが貰える
人間ドックの検査プランが豊富
公式サイトでWEB予約するだけなので簡単
困った時は電話問い合わせも可能

 

利用法は簡単で、公式サイトにアクセスして、地域、希望日、予算費用、検査コースで検索して施設を選んだら、受信者情報を入力してWEB予約するだけです。
どこで受信するにしても、結局予約は必要です。
マーソで予約するだけで安い料金で検診できるなら、利用しない手はありませんよね。

 

 

>>公式サイトで詳細を確認<<

 

 

 

人間ドック予約可能地域

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、北海道、宮城、福島、山梨、長野、新潟、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、岡山、広島、山口、福岡、佐賀、熊本、大分、宮崎

 

人間ドックの主な検査項目

身体計測、視力・聴力、血液、眼底・眼圧、問診、尿、便潜血、胸部エックス線、腹部エックス線、心電図、腹部超音波、肺機能、腫瘍マーカー、MRI、MRA、頸動脈超音波、頭部CT、 PET、アミノインデックス、その他オプション等